講師ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 講師ブログ
  4. bored とboringの違い

bored とboringの違い

こんにちは!根津の英語塾REDWOODです!

今日はbored/boring, interested/interestingなどの形容詞の使い分けについて説明していきます!

デーデンッ!まずは問題です。「この映画はつまらない。」と言いたいとき、どちらが正しいでしょうか? ①This movie is boring. ②This movie is bored. 

正解は……….①This movie is boring.です。

「boring」は、物や人、出来事など、「つまらないもの(人)・退屈なもの」を表現するときに使います。対して「bored」は(人などの)つまらないなぁ、退屈だなぁと感じている気持ちを表現するときに使います。同様に「interesting」は「面白いもの・興味深いもの」の時に使い、「interested」は「興味がある」感情を表す時に使います。

注意点は、主語が「物」か「人」であるかで、区別をつけてはいけないということです。例を挙げると、「He is bored.」と「He is boring.」はどちらも正しい文章です。「He is bored.」は彼は退屈している。とよく教科書などでも見る、そしてよく使う表現だと思いますが、「He is boring.」も彼はつまらない人物だ。という意味になり、注意していると洋画や英語長文で目にすることがあると思います。

他にも
amazing – amazed
amuse – amusing
annoying – annoyed
tiring – tired
embarrassing – embarrassed などがあります!この中でまだ知らない英単語があったらぜひ検索してみてください☺︎

根津の英語塾REDWOODでは、日本人講師だけでなく、外国人講師との英会話やWritingのレッスンも設置しています!英検・IELTS・TOEFL対策や受験対策をしたい高校生の方はこちらから!無料体験レッスンも受付中です。

またCEFR(セファール)についての説明会や、フォニックスのレッスンなどもご用意しております。何か質問があれば、電話番号:03-5809-0309、または、メールアドレス:info@redwoodstudio.comまでご気軽に相談ください。

関連記事