講師ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. これって英語でどう言うの?
  4. 今大ヒット中のイカゲームから英語を学ぼう!

今大ヒット中のイカゲームから英語を学ぼう!

みなさま今NETFLIXで大人気のイカゲーム、もう見ましたか?
一攫千金を狙い、命懸けでゲームをしていく人たちを見るスリルが最高ですよね!
今回は、イカゲームに出てくる単語やフレーズから英語を学んでいきましょう
さあ、ここからはネタバレになるので、まだ見えない人は要注意です!

そもそもイカゲームって英語で何て言うの?

作品の題名にもなっているイカゲームは、イカに似た形をした枠で遊ぶゲームから名前が由来していますよね!

なので、英語名になっても、イカゲーム、Squid Gameと呼ばれています!

だるまさんが転んだ。

第一ゲームとなっただるまさんが転んだは、英語ではGreen light, red lightという名前で遊ばれています。

これは、信号の青信号、赤信号ですね。青信号の時は動いてよく、赤信号の時には止まります。
また、日本語では渡っていい時の色は青信号と言いますが、英語では見た目のままのGreen lightになります。

だるまさんが転んだのやり方は、日本語で言うところの、「だるまさんが。。。」のところが「Green light」、「転んだ!」のところが「Red light」なので、その時点で動いていた人はスタート地点に戻らなくてはいけません。

多数決

第一ゲームで約半分の参加者が脱落したことで、残された参加者たちは、ゲームを続行するか、辞退するかで分かれます。
しかし、このゲームは参加者の大多数が辞退したいと言わない限り辞めることが出来ません。
そこで、多数決をとることになります。

はい、ここから多数決の英語を学びましょう!多数決は、英語で Majority voteと言います。

しかし!日本語では、「多数決をとる」と言いますが、英語では「Take a vote」で、「票決する」と言います!

なので、「多数決で決めよう!」と言いたい時は、”Let’s take a vote!”といいましょう!

賞金の456億ウォン

ゲームの参加者はみんなお金に困っている人だったので、一度は中断されたゲームも、賞金を獲得できるかもしれないとお金に釣られた人々が続々とゲームに戻ってきましたよね。

そこまでの大金だった賞金はなんと456億ウォン、日本円だと約43億円!戻ってくる人たちの気持ちもわかります😓

ここから、まず賞金は英語で Prize、またはPrize moneyと言います。実はPrizeという単語は単体で賞、賞品、賞金という意味になるので、moneyをつけても付けなくても大丈夫です!

そして問題の456億ウォン。数字で書くと45,600,000,000ウォンとなります😅
英語では、この数字の間に刻まれるカンマに注目すると、数字が読みやすくなります。
ちなみにこの456億ウォンは英語で、45.6 billion wonとなります。

ここで、数字の数え方を確認しておきましょう!

1 One
10 Ten
100 one hundred
1,000 one thousand
10,000 Ten thousand
100,000 hundred thousand
1,000,000 One million
10,000,000 Ten million
100,000,000 Hundred million
1,000,000,000 One billion

お気付きでしょうか?thousandやmillionまで行くと、まずは最初のカンマの前にある10や100を読んでからthousand, millionをつけることで、次の位に進んでいきます。

なので今回の賞金も、例えば450億ウォンだった場合、45,000,000,000ウォンとなるため、英語では45 billion wonとなります!

貯金箱

ちなみに、参加者の居住スペースとなっていた部屋の天井には巨大な貯金箱がありましたよね!あそこにお金がドカドカ入ってくるシーンはなんとも言えない気持ちになりましたね。。

なんて言うのはさておき、貯金箱は英語で、Piggy Bankと言います。
まさに皆さん豚の貯金箱を想像されたかと思います。語源はまさにそれなのですが、なんとどんな形をした貯金箱でも、Piggy Bankと言うんです!

綱引き

時は飛んで第三ゲーム、あの恐ろしの綱引きです。負けたら落下してしまうなんて絶対に負けられない戦いでしたね。
綱引きはイカゲームの中でも、皆さんも運動会などでやったことのある人が多いのではないでしょうか!?

そんな綱引きは、英語で Tug of war と言います。

Tugは、「強く引っ張る」 War は、「戦争、争い」という意味です。

最後に

このような感じでいくつかイカゲームから単語をピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?
イカゲーム、とても面白く、私は2日で一気見してしまいました😅
ヒントがところどころに散りばめられていたり、これからどうなっていくのかなど、とても興味深い作品でしたよね!
ぜひ皆さんも今日学んだ単語を使って英語でイカゲームのお話してみてくださいね!

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました☺️
少しでもみなさまの英語学習のお手伝いはできましたでしょうか?
講師ブログは、毎週水曜日に更新していきますので、ぜひぜひチェックのほうお願いします🙇‍♀️

また、現在レッドウッドでは、無料体験レッスンを行なっています。
ぜひ、フォニックス、英検、会話など、英語を学びたい方は、お気軽にご連絡ください!

英検・IELTS・TOEFLクラスはこちら

またCEFR(セファール)についての説明会や、フォニックスのレッスンなどもご用意しております。何か質問があれば、

電話番号:03-5809-0309、または、メールアドレス:info@redwoodstudio.comまでご気軽に相談ください

友だち追加

関連記事