中高生クラス

2020年度より英語のテストが変わりました。

大学入学共通テストが2021年1月(2020年度)から劇的に変わりました。リーディン グとリスニングの配点が100:100になり内容も発音や語句整序の問題はなくなり総語数は約千語増え、ルームメイトの忘れ物をめぐるスマホでのメッセージのやりとりや、アイスホッケーの安全対策の記事など内容は多岐にわたっています。長文読解や複数資料の読み解き、事実と意見の識別などが求められました。(このテストはまだまだ問題がありますが)今までのセンター試験の内容、中高でもそれを見越して作られた英語のテストのスタイルではないのです。そして私大の入試ではすでに、三大外部テスト【英検・IELTS・TOEFL】のスコアが入試に導入され、指定校推薦の志願基準やスコアによって受験時の英語テストの免除やポイント追加の基準になります。と言うことは、これからは学校の英語のテストの成績より三大外部テストのスコアの方が重視されるのです。

この外部テストの導入は文科省が推薦する「聞 く・話す・読む・書く」という英語4技能の向上にありますが、大学入学共通テストのみならず、中学受験や高校受験、就職試験など、あらゆる場面で浸透していくことになると想定されます。

だから、REDWOODでは・・・

中高生クラスでは、CEFR(セファール)に対応した4技能試験対策指導を行なっております。

中学校卒業までに英検2級、高校からは、IELTS スコア6.0/TOEFLスコア80取得を目標として学習します!

セファールってなに?

<セファール基準表> 入試で優遇されるのはB1・B2レベル

 CEFR(セファール)とは、外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠のことです。グローバルで誰もが理解できる基準として日本でも採用され始めました。言語資格を承認する根拠にもなるため、多くの私立大学などでは入試の際の査定基準として導入されています。中間・期末考査などでも作文などの記述式のものが増え、文章力や人に伝える「コミュニケーション能力」を重視したものに変わります。「ライティング」は英語の正確さとグローバルな世界に通用する英語的思考の内容を書くこと、「スピーキング」は発音・アクセント、伝わる話し方・態度、個性のある意見、内容が求められます。これらの技能はネイティブ講師から習うのが近道です。TOEFLはアメリカの大学教育を反映した試験であるのに対して、IELTSはイギリス型の大学教育を反映した試験です。どちらのテストのスコアも様々な国の高等教育機関に認められています。

だからこそ当教室では、中学校卒業までに英検2級、高校からはIELTS スコア6.0/TOEFLスコア80取得を目標として学習します





経験豊かな外国人講師・日本人講師が担当致します。

中高生アンケート 体験レッスンの前に、先生に質問してみよう!

アンケートに答えてくれたら、現役講師がZoomでご相談にお答えします!

 

中高生用アンケートはこちらから

まずはやってみよう! 体験レッスン随時受付中

受講料:こども~高校生無料・大人2,200円(税込)講師:日本語が話せる外国人講師が担当致します。

 

お申し込みはこちらから