CEFRとは

CEFR(セファール)とは、外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠のことです。グローバルで誰もが理解できる基準として日本でも採用され始めました。言語資格を承認する根拠にもなるため、多くの私立大学などでは入試の際の査定基準として導入されています。それだけでなく、さらに、は中間・期末考査などでも作文などの記述式のものが増え、文章力や人に伝える「コミュニケーション能力」を重視したものに変わります。「ライティング」は英語の正確さとグローバルな世界に通用する英語的思考の内容を書くこと、「スピーキング」は発音・アクセント、伝わる話し方・態度、個性のある意見、内容が求められます。これらの技能はネイティブ講師から習うのが近道です。TOEFLはアメリカの大学教育を反映した試験であるのに対して、IELTSはイギリス型の大学教育を反映した試験です。どちらのテストのスコアも様々な国の高等教育機関に認められています。

<CEFR(セファール)基準表>

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: レベル表-1024x242.jpg

大学入試で優遇されるのは、一般的にB1・B2レベルからです。

だからこそ,当教室では、中高生クラスで、中学校卒業までに英検2級、高校からはIELTS スコア6.0/TOEFLスコア80取得を目標として学習します