講師ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語教育について
  4. IELTSって何?英検とは何が違うの?

IELTSって何?英検とは何が違うの?

こんにちは!🌞いきなりですが、みなさんIELTSをご存知ですか?
特に受験生の方や留学、海外移住を考えている人なんかは、IELTS(アイエルツ)という英語外部試験を聞いたことがあるかもしれません。しかし、IELTSは全世界の受験者数が350万人突破した、世界で最も有名な英語力判定テストなのです。

IELTSとは?

IELTSとは、International English Language Test Systemの略で、イギリス発祥の英語の試験です。現在は、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル(英語文化振興会)IDP Education(国際教育サービス事業) によって協同で運営されています。

受験時間は、受験時間は約2時間45分です。

2種類のテストがあり、ジェネラルモジュールアカデミックモジュールがあります。
ただ、英語圏での就業や移住を考えている人は、ジェネラルモジュール留学や進学目的であればアカデミックモジュールを受けましょう。

REDWOOD X IDPの記事

実は先日、IELTSを主催しているIDPと根津の英語塾REDWOODがコラボし、受験や留学に向けたIELTSや勉強法について話しました。この記事を読みたい方は、こちらから!

試験内容は

ライティング

時間:60分
設問:2問 [Task1 (150語), Task2 (250語)]

Task1:グラフや図表などを分析し説明する。
Task2:与えられた主張や議論について自分の意見を述べます。論理的に意見を展開していく必要があります。

リーディング

時間:60分
設問:40問

専門知識を必要としない一般的な内容を取り扱った問題文。

リスニング

時間:30分(リスニング)+10分(回答をマークシートに記入する時間)
設問:40問

セクションの内容

IELTSのリスニングは、4つのセクション から構成 されています。
Section 1: 日常的な会話(登場人物 2~3人)
Section 2: 日常生活を扱った説明(登場人物 1人)
Section 3: 学術的な会話(登場人物 2~3人)
Section 4: 学術的な講義(登場人物1人)

日常的な会話からアカデミックなセミナーまで幅広い内容の聞き取りが要求されます。

問題用紙にメモを取ることができ、また解答をマークシートに書き写す時間が10分間与えられます。

スピーキング

時間: 11~14分
試験官と1対1で面接方式。

Section1:自己紹介

Section2:自分の体験や考えを伝える

Section3:セクション2で答えた内容についてディスカッションを行なう

スピーキングのスコアアップ法はこちらから

各技能の勉強法を紹介した、REDWOODとIDPとのコラボ記事

スコアはどんな?

IELTSのスコア

IELTSのスコアは、0(非受験者)から9.0(エキスパート・ユーザー)のバンドスコア(熟練度)です。合格に必要な点数などが決められているわけではなく、試験結果は0から9.0のバンドスコアで示されます。

タイトル 詳細CEFR
9.0エキスパート・ユーザー      十分に英語を駆使する能力を有している。適切、正確かつ流暢で、完全な理解力もある。
C2
8.5
___

8.0
非常に優秀なユーザー時折、非体系的な不正確さや不適切さがみられるものの、十分に英語を駆使する能力を有している。慣れない状況においては、誤解が生ずることもありえる。込み入った議論に、うまく対応できる。C2
____

C1
7.5
7.0
優秀なユーザー時折、不正確さや不適切さが見られ、また状況によっては誤解が生ずる可能性もあるが、英語を駆使する能力を有している。複雑な言語も概して上手く扱っており、詳細な論理を理解している。C1
6.5
5.0
有能なユーザー
不正確さ、不適切さ、および誤解がいくらか見られるものの、概して効果的に英語を駆使する能力を有している。特に、慣れた状況においては、かなり複雑な言語を使いこなすことができる。B2
5.5
___

5.0
中程度のユーザー  
部分的に英語を駆使する能力を有しており、大概の状況において全体的な意味をつかむことができる。ただし、多くの間違いを犯すことも予想される。自身の分野においては、基本的なコミュニケーションを行うことができる。B2
___

B1
4.5
4.0
限定的ユーザー
慣れた状況おいてのみ、基本的能力を発揮できる。理解力、表現力の問題が頻繁にみられる。複雑な言語は使用できない。B1
3.5
3.0
非常に限定的なユーザー
非常に慣れた状況おいて、一般的な意味のみを伝え、理解することができる。コミュニケーションが頻繁に途絶える。N/A
2.5
2.0
一時的なユーザー
確実なコミュニケーションを行うことは不可能。慣れた状況下で、その場の必要性に対処するため、極めて基本的な情報を単語の羅列や短い定型句を用いて伝えることしかできない。英語による会話、および文章を理解するのに非常に苦労する。N/A
1.5
1.0
非ユーザー
いくつかの単語を羅列して用いることしかできず、基本的に英語を使用する能力を有していない。N/A
0非受験者詳細可能な情報なし。N/A

スコアの有効期限

スコアの有効期限は、試験日から2年間となります!なので、受験等に使う際には注意です。

スコアの目安

英語外部試験のスコアの目安は、CEFR(セファール)により決められています。

なお、下記表の青く塗りつぶされているところが英検2級から準1級のレベルで、高校生が持っていると有利になることの多いレベルです。

CEFRについて詳しくは、こちらから:CEFRとは

必要なスコアは?

みなさん、大学時入試が変わったのはご存知ですか?

英語ではリスニングの配点が増え、発音や語句整序の問題は廃止、総語数は約1,000語増え、スマホでのやりとりや、複数資料の読解、事実と意見の識別など内容は多岐にわたっています。

さらに、私立大学の入試ではすでに、三大英語テスト英検・IELTS・TOEFL】、CEFR(セファール)のスコアが導入され、推薦入試の出願基準や、外部テストのスコアによって受験時に英語テストの免除や加点をする大学が近年増加しています。

CEFRとは

なので、入試に必要となるIELTSのスコアは、もちろん大学にもよりますが、国内の大学では、4.0~から、海外留学を考えている人は、6.0~を目指すようにしましょう!

IELTSスコアの使用例


IELTS 4.0~から優遇される大学

■立教大学
・全学部 (異文化コミュニケーション以外)【出願資格】

■明治大学
・商学部【出願資格】

■青山学院大学
・総合文化政策学部【出願資格】

■中央学部
・経済学部【出願資格】
・文学部(英語文学文化専攻以外)【出願資格】

■法政大学
・情報科学部
・理工学部(機械工学科、航空操縦学専修以外)【出願資格】

■東京理科大学
・全学部(理学部第二部以外)【10点加点】

■駒澤大学
・全学部(医療健康科学部以外)【100点中75点換算/高得点採用】

■関西大学
・文学部【出願資格】
・経済学部【出願資格】
・政策創造学部【出願資格】

IELTS 4.5~から優遇される大学

■青山学院大学
・地球社会共生学部【出願資格】

■中央大学
・総合政策学部【出願資格】
・文学部(英語文学文化専攻)【出願資格】

■法政大学
・人間環境学部【出願資格】
・スポーツ健康学部【出願資格】
・生命科学部【出願資格】

■学習院大学
・国際社会科学部【200点中120点換算】

■中京大学
全学部(国際英語学部以外)【満点換算】

■東洋大学
・全学部【100点中80点換算/高得点採用】

■明治大学
・経営学部【出願資格】

IELTS 5.0~から優遇される大学

■明治大学
・経営学部【20点加算】

■青山学院大学
・国際政治経済学部(国際政治学科・国際コミュニケーション学科)【出願資格】

■学習院大学
・国際社会科学部【200点140点換算】

■立命館大学
・国際関係学部【100点中90点換算】

■東洋大学
・全学部【100点中90点換算/高得点採用】
・国際学部(グローバル・イノベーション学科)【出願資格】

IELTS 5.5~優遇される大学

■法政大学
・法学部(法律学科・国際政治学科)【出願資格】
・経済学部(国際経済学科)【出願資格】
・現代福祉学部【出願資格】

■明治大学
・経営学部【30点加算】
・国際日本学部【満点換算】

■立教大学
・異文化コミュニケーション学部【出願資格】

■学習院大学
・国際社会科学部【200点中160点換算】

■立命館大学
・国際関係学部【満点換算】

■専修大学
・全学部【満点換算】

■東洋大学
・全学部【満点換算】

■関西大学
・外国語学部【満点換算】

■東京理科大学
・全学部(理学部第二部以外)【20点加算】

■東海大学
・全学部(医学部医学科以外)【満点換算】

IELTS6.0~優遇される大学

■早稲田大学
・文学部【出願資格】
・文化構想学部【出願資格】

■法政大学
・グローバル教養学部【出願資格】

■学習院大学
・国際社会科学部【200点180点換算】

大学にスコアを提出する際の注意点

大学によっては、オーバーオールスコアではなく、リーティング、ライティングと言った各技能ごとにスコアを指定しているところもあるので、しっかりと確認するようにしましょう。

最後に

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました☺️
少しでもREDWOODや英語に興味を持っていただけたら、幸いです!
講師ブログは、毎週水曜日に更新していきますので、ぜひぜひチェックのほうお願いします🙇‍♀️

また、現在レッドウッドでは、無料体験レッスンを行なっています。
ぜひ、フォニックス、英検、会話など、英語を学びたい方は、お気軽にご連絡ください!

またCEFR(セファール)についての説明会や、フォニックスのレッスンなどもご用意しております。何か質問があれば、

電話番号:03-5809-0309、または、メールアドレス:info@redwoodstudio.comまでご気軽に相談ください

REDWOOD X IDPの記事

ぜひ、こちらの記事も目を通してみてください。この記事を読みたい方は、こちらから!


REDWOODのLINE公式アカウントは下記から追加していただけます。イベントやクラス情報も随時発信しています。

友だち追加
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事