講師ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 講師ブログ
  4. NZ スラング

NZ スラング

皆さんお久しぶりです。コロナも少しずつ生活の一部になった今、ニュージーランドでは旅行ができるようになってきました。なのでニュージーランに興味がある人たちのために今日はニュージーランドのスラングについてお話をします。

まずはスラング(slang)とはどういう意味でしょう?簡単に言えば、話している言語を省略したりもっとわかりやすくするために変えられた言葉です。日本語ではハワイをワイハと言ったり、空気が読めないことをKYと言ったりしますよね。Want to をwanna に省略したりgoing to をgonnaにかえるのもスラングです。

ニュージーランドでは英語を話しますが、国自体がオーストラリア以外他の国から遠いので面白いスラングが沢山出来上がったのです。

まずは挨拶から。

Kia Ora こんにちは

これはスラングというよりはマオリ語(母国語)からきた挨拶です。マオリ語事態使う人々は少ないですがこの挨拶だけはよく使われます。

Chur / Ta

“チャー”と”タッ”はどちらもありがとうを意味します。

A: “I found the jacket you lost” 無くしていたジャケット見つけたよ

B: “chur” チャー

A: “Can you pass me that pencil” その鉛筆渡してくれる?

B: “yea, here you go” はいどうぞ

A: “Ta” タッ

”Thank you very much”など早いペースの会話では少し長すぎるのため、一瞬で感謝の気持ちを表すことができます。

Aye

このスラングはエイと発音します。文章の最後につける”エイ”は”でしょ?”と同じ意味です。

“The weather is nice aye?” 今日の天気はいいでしょ?

このスラングは質問のように見えますが逆に同情を求めるためのスラングなので、aye?と聞かれても返事をする必要はありません。

Sweet as

すごい、または問題ありませんという意味。何かがおこり嬉しい時にも使われます。

A: “I bought you a phone for Christmas”

B: “Sweet as!”

Yeah..Nah

Yeah, Nah” とは「んー、YesだけどやっぱりNoかなぁ」というハッキリしない、ニュージーランド独特の曖昧な表現です。このはっきりしない言葉は意外なシチュエーションでよく使います。

“Nah, Yeah” と言えばハッキリとしない方法でYESと言えます。

Good as gold

直接訳せば”金のように良い”ですが意味としては”非常に良い状態”になります。

A: “How are you today?”

B: “Good as gold!”

少し古めのスラングですが若者の中でも使うものは少なくはありません。

Stoked

ストウクドは何かに対してとても嬉しい気分になるという意味です。”I’m so stoked to go to the concert”コンサートに行くのがとても嬉しい。他にもAre you excited? と聞かれたらI’m stoked! と答えても良いでしょう。

他にも面白いスラングが沢山あります。今回紹介したスラングは特によくニュージーランドでの日常会話で使われますが、現地の人々と話してみてから使うことをお勧めします。

このように英語というのは国によって沢山使い方があるので他の国スラングも調べてみるのも面白いかもしれません。

最後に

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました☺️
少しでもREDWOODや英語に興味を持っていただけたら、幸いです!
講師ブログは、毎週水曜日に更新していきますので、ぜひぜひチェックのほうお願いします🙇‍♀️

また、現在レッドウッドでは、無料体験レッスンを行なっています。
ぜひ、フォニックス、英検、会話など、英語を学びたい方は、お気軽にご連絡ください!

またCEFR(セファール)についての説明会や、フォニックスのレッスンなどもご用意しております。何か質問があれば、

電話番号:03-5809-0309、または、メールアドレス:info@redwoodstudio.comまでご気軽に相談ください

REDWOOD X IDPの記事

ぜひ、こちらの記事も目を通してみてください。この記事を読みたい方は、こちらから!


REDWOODのLINE公式アカウントは下記から追加していただけます。イベントやクラス情報も随時発信しています。

友だち追加

お試しレッスン+無料カウンセリングのごあんない

レッドウッドのレッスンをお試ししてみませんか?

体験レッスン50分と、無料カウンセリング30分の計80分の体験になります。
まずはカウンセリングを通して現在のレベル、目標、得意不得意などを話し合い、それに基づいて体験レッスンを行います。
無理な勧誘は一切しませんので、お気軽にご受講ください。

https://reserva.be/redwoodtokyo

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事